えびちゃん(仮)

しっぽがエビのようだから
今日は、ほえるではなくて、えびちゃんと呼称
あまり本鳥的には呼び方に違和感がないようでした
b0170644_00534712.jpg
b0170644_00535280.jpg
b0170644_00542847.jpg
b0170644_00544962.jpg


[PR]
by yakitori_joel | 2015-08-18 00:55 | ほえる系 | Comments(0)

主催のカルガモおとーさんは全く悪くないのですが
このイベントは個人的朝からケチがついたモード
しかし会場に行くと見慣れているクラブな方々や何やらがいらっしゃり
もう一人で浮いちゃうんじゃないかとかそんなことは杞憂

しかしですね
もう脇汗、下乳汗、いきなり股擦れしそうな天気ですよ
困りましたが、早く帰ってきたいのでスタート

古地図とコンパス見ながら慎重に南下、しかし国道沿い入って行く所〜最初の目的地までの道でロスト
当時なかった電車が走り、高級住宅地は現代では人工的な放射状になっていますところ
方向は合っているがパスする尾根の数が今ひとつ定かでなく
蕎麦屋があったので、この通りかな?どうだろうと現代地図を見ます
しかし日陰ないところ暑さでもうろうとしていたので
全く違う番号のポイントを見ていることに気づかず(涙)
かつ怪しいこいつ!と思ったおうちの犬が吠えまくり発狂寸前
古い地図で地形だけ見ても縮尺の間隔ってつかめない、ですよ!
もっと手前にポイントを置かないと、同定できず、ポイントがどんどんずれていくのでありました←教訓

しかし蕎麦屋横を早々に現代地図持って走る人を目撃したので
駆け足で立ち去ろうとするところ1st pointまで無理矢理年甲斐なく甘ったれて連れて行ってもらいます

そうよ、ここが行きたかった萌える坂26%(籠谷戸)
b0170644_23482876.jpg
手前は下り坂なんですよ
さらに写真の左右も上り坂
不思議です
下水処理はどうなってるんでしょうね、お母さん

ヘルプに入ってくださった方はOLな方で、10連覇な村越先生全盛期をうっとりと語ることのできる方のようでした
古地図には興味なく練習で出ていらっしゃるとのこと、
目的や目的地が違うので早々にお別れ、私はヘルプな方と会った元の犬わんわん地点に急ぎます
現在地がわかれば地形を読むことなど古地図はたぶん高低差を誇張してあるため、今の地図より簡単なのです
途中より道などしつつ、現代と違う整備された川沿いとちょっと古めな地形と建造物に翻弄されながら進みました

この調子だとなかなか終わらないロゲイニング今昔物語ですね
いや、ほんとコンテンツ充実のカルガモおとーさんイベントなので飽きません

そこを無理矢理総括すると

途中寄り道しすぎてロスト(川の近くは危ないぜ)
b0170644_00244159.jpg
多摩川の産卵モードのシャケ群?写ってないかも?
b0170644_00250439.jpg
移動区間が長いところ(国道都道)でまた古地図ロスト
日陰と食べ物屋がなくなりそうだったので、秋だったら引き続き走るところ
命の危険を感じ引き返してモスで昼ご飯食べながら現代地図確認・ルート変更
心の支えにしていたかき氷を出すしろくまスイーツポイントに
電車でワープするがお休みで心折れて会場に帰還と言った具合でした

金目鯛さばき宿題とか色々あったので、長居はせず帰宅しましたが

すみれちゃんが食べていたコレを一口もらって今もはまり中
ローソンポンタポイントを使ってチョイチョイゲット
しかし100円ローソンだと100円で売っているらしいがまだ未確認ですよ
色々食べたが私のおすすめは最初に一口もらったモヒート★
b0170644_00041881.jpg
良い夏の一日となりましたことには間違いないのでありました

個人的にはこちらが気に入りました
多摩川沿いのポイントじゃないよの浅間神社!
b0170644_00394728.jpg
神社裏の遺跡群
b0170644_00411575.jpg
どりこの坂!
b0170644_00400883.jpg











[PR]
by yakitori_joel | 2015-08-18 00:41 | 体力系 | Comments(0)

金目鯛

なごみ系音楽がクルクルまわる
と~れたってぴーちぴっち♪と
Road to Mt. Fujiの品川オフサイトミーティングな晩に、まいどS山鮮魚店がやってきていました
釣果は金目鯛★
大物。S山鮮魚店曰く時価1万円超。
出刃包丁と比べても大きい!そして目がくるくるしています
こちらの帰宅時間が遅かったため、内臓抜いてウロコは落としておいて頂きました
b0170644_10440016.jpg
解体ショー♪

アラは
b0170644_10452458.jpg
炊きました〜身もぷりぷりコラーゲン!
b0170644_10482838.jpg


フィレ部分は
b0170644_10454358.jpg
お刺身、漬け、味噌漬け(そして食べきれないのは贅沢にお味噌汁に!)
b0170644_10460010.jpg
美味しかった!ごちそうさまでした!

[PR]
by yakitori_joel | 2015-08-16 10:52 | 食い気系 | Comments(0)

J子さんと行くシリーズつるつる温泉ゴールの3連戦最終章
だったはずのハセツネトレース土曜日最終(正確には最終ではない)
都民の森行き始発で参りました

とにかく暑く、すぐ心拍上がる
そして履いていた山ガールタイツ、走るとすぐ下がってくる
捲り上げてパンツの中にタイツをイン
最終手段はタイツを脱ぐか、タイツの上にパンツを履くか
難しい選択を迫られながら登ります

登り強いJ子さんはすいすいーっと上がりますが
私はスカートの下にてパンツの中に上からぐいぐいタイツを押し込み、心拍抑えめにを心がけて行きます
でないと、汗で脱水模様のところ、足がつる予感・・・最初からのことですが!
登りはJ子さん、下りで追いつくのを繰り返す
御前山でホットパンツ的J子さんの美脚と記念写真をセクシーポーズ


だっちゅーの(危険ゆえ写真アップなし)

・・・

写真を撮った男性をさんざん笑わしました
いいことをした

御前山にも三角点あった
全く気づかなかった
b0170644_23323633.jpg
先に行かせてもらった御前山から大ダワまでの下りでつまづいた瞬間に左ふくらはぎピキピキ
しかも手当てできる塩だのサプリだのは一切持っていませんで
あわあわと座り込んで、異様に固まったふくらはぎを軽くタッピング
J子さんを待って、マグネシウムのサプリをもらって違和感なくなるまで歩いて下る
御岳までの道でようやく違和感が薄れ走れるように
やはり当日「つる」行為は本当にNGだなあ

大ダワから少し上がったところ鋸山の人たちと交差するあたりで雷の音
急いで(でも登り基調で急げない)御岳山に向かう
つった後回復してJ子さんに追いつきまして
雷鳴が聞こえていても(しかも結構近い)平気で大岳に向かう人たちについて二人でぶーぶー文句を言う
空気もいきなり冷たくなって風が強い=恐怖
本当に雷は怖いし山では逃げ場は少ないのだから、一目散に下山すべしという点で盛り上がる
そして雷鳴中、大岳に向かおうというベテラン風おじさんに「今から行くんですか?これからですか?」と話しかけたら気のせいか鼻で笑われハートブレイク(ちょびっとね)
そして水場でごくごく水を飲み、J子さんと合流したらケーブルカー乗り場までノンストップで走る
我々は雷および記録的短期集中豪雨?から無事逃れてケーブルカーで下山できたのでありました
彼(含む他の人々)はどうしたことやら・・・

★コース備忘録
本番ではまったく身に覚えのない月夜見駐車場までの道(笑)
案外にアップダウンあり、そして思ったよりちょっと長い
駐車場から小河内峠まで、つるつる下りにだまされない。案外走れるので手を抜いてはいけない
御前山まで、木道に入ってからが案外長い
大ダワまで0.9kmからが長い、そして登りも2、3回ある
大岳までの登り、岩場はひとつじゃない。これで終わりと思って少し行くとまだある。
大岳からの下り、流れに乗って注意して下る。走れるところは走れる。
御岳山まで、ロックガーデンへの分岐〜右側にロックガーデンの東屋が見えたらずっと走れる。
でも急がない、消耗しない、手を抜かない。

★この日のタイム 5:46
都民の森〜鞘口峠 0:15
〜駐車場 0:49
〜小河内峠 0:24
〜御前山 0:56
〜大岳山 2:10
〜御岳山ケーブルカー乗り場 1:10

★この日の反省
食べ物(リンリン羊羹2個)も飲み物(1.5L)も塩分やミネラル圧倒的に足りず
電解質の偏り、足のつり=栄養補給に気をつける、日々の食事も
チャリ練でコア芯を作らなくては

★変化
スピード出さないという前提でなテーピングなしで後半2回走ってます
ぐねらないでいられるのは、ぐねってもカバーできる柔軟性を鍛えてくれている栗林コアトレのおかげ

さて、この3回シリーズおつきあい頂いたJ子さんに本当に感謝
今後はどうかというと8月は暑いのでハセツネコースは行かず高山へ(と仕事)
9-10月で低山仕上げ、タイムトライアル(第一関門まで)の予定

[PR]
by yakitori_joel | 2015-08-04 23:36 | 体力系 | Comments(0)