「ほっ」と。キャンペーン

探検隊

南極と北極を探検にやってまいりました
b0170644_23521169.jpg

嘘です

暑い1日でした
[PR]
by yakitori_joel | 2016-07-07 23:54 | クラブ阿闍梨 | Comments(0)

夏休み1日目

1日目と言っても明日は出社
ただの有給休暇とも言いますね・・・

初代ほえるCUP女王2名をお迎えし
クルミドでモーニング食べながら女子トーク炸裂
b0170644_23014440.jpg
モーニングは夏限定、ちょっとモーニングにしては結構なお値段950円
美味しいコーヒーはおかわりし放題
そして新鮮野菜と美味しくトーストされた山形パンはお腹が満足です
クルミ入りの味噌がいい味だしてます

暑い中府中本町に移動&スタートです
地形萌え萌えしながら進みます3人組

途中、祭事用?の落とし物やら
b0170644_23015833.jpg
日中暑いので人影ない中を進みます
冷え冷えのおやつを頂いたりしつつ
本日のゴールその1
b0170644_23101472.jpg
ゴールその2はサイゼリヤでしたとさ
トーク内容は、主にはOMMやら南アルプスやら八ヶ岳やら、楽しく行きたいですね〜♪
ほえるカップ、二つ目をねらうお二人はいい感じの関係を育んでいました
それ大事!(誰かさんの口癖かな〜)

[PR]
by yakitori_joel | 2015-07-28 23:11 | クラブ阿闍梨 | Comments(0)

やろうと思っていた帰宅ランできずの週でした・・・
通常業務+朝晩の電話のお仕事で食べているようなものなので仕方なく
今月は出張がたぶん入らないだけまだましということで
出張ばりばりでもちゃっきりと練習しているさわランメンバーは尊敬です〜

日曜は東大OLK大会当日参加でした
のっけから本当は電車に乗る時間に起きるというハプニングがあり
約20分の遅れで合流し、無事きむきむカーにけいこさん&まつげんちゃんと同乗させて頂きまして向かいました
そしてコンパス、着替えと手袋を忘れましたり・・・借り物でなんとかなり。。。
到着するとりかちゃんのお店に人だかりあり
そこを拠点に店番&選手?で1日楽しませていただきました

店番たちの図
b0170644_22440657.jpg
お店は遅くまで開けてましたので最後はのんびり
b0170644_22442839.jpg
東大OLK大会は学生の祭典的オリエンテーリングな大会
天下の東大のオリエンテーリングな人たちが主催です
オリエンテーリングは当日参加もありのリーズナブルな山のイベントです
わたくしオリエンテーリングは都合4回目ですが、あくまでも初心者であります
そして同じ金額なら難しくて長い方を選びたくなる気持ちになりますが
エリア外でさまよった初回の思い出を胸にぐっとおさえ
一番易しいと思われるOBS(Open class B Short)クラスへ当日エントリー
大学生たくさんで楽しい!まさにお祭り!全く私自身にジェネレーション的違和感なし・・・
b0170644_22440081.jpg
スタートはお嬢さんたちの声援であふれてます
b0170644_22441259.jpg
一生懸命けいこさんのアンチョコ的地図記号の紙を暗記しますが
もうスタート
まず地図記号の入った小さい紙をピックアップ
b0170644_22232186.jpg
が、全部の記号を覚えきれておらず動揺(なんだっけコレ???)
地図を受け取ります1分後そして足下においておいてスタート&地図ピックアップ
皆さん走ります、スタートまで
そう、スタートまでテープ誘導なんですよ・・・
スタートのマークど忘れし現在地不明で焦る
歩きながら分岐へ
途中から道無き道に入り、直進!尾根を目指して蜘蛛の巣、シダシダ、やぶやぶ、ぐちょぐちょ祭を堪能
が、ふと気がつくと全ポスト道から見えるところに設定されていることに気づく。初心者コースですもんね・・・(汗)
b0170644_22441824.jpg
途中からはちゃんと道を行き走りましたが、最後ロードを入る部分は調子に乗って通り過ぎ、地図外に出てゴールから最終ポストに逆走。前の人は同じコースを33分で走ったところ、1:20とふんだんに山の中を楽しんでしまいました・・・。
行ったところをトレースしてみましたが、相当ひどい・・・
黒いのが道ということすら、途中までわかっていなかったのであります(入っていけないところの強調かと思ってた)
b0170644_22250311.jpg
b0170644_22245648.jpg
最後のポストからゴールまでは先着の人に勝ちました(あまり意味はないのか)
b0170644_23093661.jpg


帰りはぽくぽく歩いて会場に戻ります〜田植え後の田んぼでおたまじゃくしにょろ〜夏休み的雰囲気
b0170644_22442247.jpg
落ち着いて思い出せば、全部走れたコースなので余裕で30~40分は楽勝に縮まったはず。
なんだか悔しいので夏は力を貯めて、秋から定期的に攻めます予定。

おおっぴらに山の中を縦横無尽にかけまわってOKのゲーム、オリエンテーリング
なかなかうまく行かない感じがちょっと楽しかったり


[PR]
by yakitori_joel | 2015-06-12 23:00 | クラブ阿闍梨 | Comments(0)

ゴミ拾いに行ってきた

ゴミ拾い、楽しくナビゲーションしながら参加させて頂きました
入口を教えてもらってちょっとも行かない地点から数十メートル、踏み跡をたどってしまいロスト
(方向的にOKかと思っていたら違っていた・・・)
ナイススイーパーコンビに助けて頂きます
b0170644_22414027.jpg
前半(かつ設定範囲外)は2〜30年もののゴミ散見されました
手つかずの自然が残されている素敵な昔道を進みます
b0170644_22412936.jpg
夜間の休憩中に揺れを感じましたが、それが小笠原の地震と聞いたのは夜があけてしばらくのことでした
結局そもそもの長時間動くことに対する鍛錬足りずで集中力キレまして、、、
最後一筆つながらず
b0170644_21561453.png
いつぞやのUTMFでのあきらめデジャヴのようでした。。。
一緒に参加の阿闍梨な方々〜(写真提供:りかスポ)
スタッフの皆様、ありがとうございました
b0170644_21563630.jpg
キーワード:
<150bpm 昔道萌え オオルリが目の前の枝に♪ しいたけ茶美味 豚汁LOVE バナナ最高 お化け怖い 寝ることは怖くない 股関節ストレッチ重要 OMM(パートナー組むということに対する自分の中の課題有)不参加判断 いっちークッキーの差し入れ旨し トップテンいいかも 再確認〜粉末ユンケル<液体アリナミンV

またゴミを拾いに行きたい希望!よろしくお願いします!

[PR]
by yakitori_joel | 2015-05-31 22:29 | クラブ阿闍梨 | Comments(0)

ほえるCUP復習その1

と題しまして、なんとなく誰か道連れに走りたいと思い
クラブ阿闍梨に招集をかけたところ8名の方に参加頂きました
本日連休最終日・・・

ふっきー主導でなんとなくCP間の先頭を交代しながら進みました
ネタ的にコース探索もかねているので詳しくは書けないのですが
撮れ高はよい感じ、皆さんがわいわいと写真に入ってポージングし
写すほうはテンションあがります★

ブラタモリ的にプロの方の話をお伺いできたり
こんなところがああなっていたとか
え、これが?とか

無事にグルメポイント青木屋にもお礼参りができてほっとしました
その後は期待ははずれるもご飯にもありつきましたし、お買い物もしたりましたし、パワースポットにもいけましたし

帰ってきたら、たこ焼きパーティ
きちんと鉄製のやつで焼けるか心配でAmazonでフッ素加工の炎たこをぽちっていましたが
我が家のたこ焼き器1号は無事にたこ焼きプロの手で稼働
2番目の焼きから焦げ付きなく、感動しました
そしてすばらしき連係プレー!いいな、たこ焼き!

b0170644_20251873.jpg
このモチベーションで走ったり濃いだり山に行けますように!

[PR]
by yakitori_joel | 2015-05-06 20:28 | クラブ阿闍梨 | Comments(0)

東京ぷらぷら、の一部

りかちゃん企画の富士山巡り
b0170644_00062323.jpg

前を行くのはキムにい

前半目白から新宿までは村越先生も参加
陸橋をこえ、寺をまわり(入口があ!)、川を越え、戸山公園を制し、ブラタモ的都電跡、大規模開発された場所を通過し、歌舞伎町の有名ストリートとか
そして後半戦は代々木からは古地図で駒場東大前まで春の小川大作戦
道は残っているもので、当時の生活が忍ばれます
渋谷近辺は坂だらけで辛い
途中時間全然足りずで日比谷線で中目黒からワープして八丁堀へ!
アフターはガード下のお店、お腹がすいたり、よく食べたりの1日17kのお散歩でした

反省:もう途中で足が痛かった


b0170644_76523.jpg

[PR]
by yakitori_joel | 2015-02-14 00:08 | クラブ阿闍梨 | Comments(0)

クラブ阿闍梨のクラブカップ日和田山OLでしたが

なんと結果は一人だけ「DISQ」!なんてこった〜!

自分の今後のために何に気をつければよいのか時系列でひとり反省会しておきます

実際には最初のCP1を失敗した以外は問題なく、91?分で戻ってきていました

反省点:
きちんとした準備(ひざ下が痛くないゆるっとしているがしまっているジャージ、地図ビニールを持っても滑らない手袋、テーピング)
焦らない
基本!ポイントの番号を確認する
むやみに薮こきしないでコースを読む
崖は下から確認する

これさえ大丈夫だったらちゃんとポイントを取って20分縮められた!と思う!
b0170644_23102446.jpg
まず家でテーピングが見つからず、スタート前に木村さんにニチバンのテープをめぐんでもらいました
最初のスタート地点を◎と間違えました(本当は△)
道のつき方は同じだけど違う方向に進んでいるので焦りましたが
途中で△だと気づきました
そして道の途中にあったポイントも崖の北側ではないので無視
クラスAとかBとかの人たちが左の道無き道に入り込みます
焦る〜焦る
右手のクライミング的岩場を回り込んで
崖の北側ってどこよ(怒)と思いながら道から東側の岩場の後ろに回り込みますが何も見当たらず
りかちゃんの地図読み講座の人々にぶつかります
逆かなあと道を挟んだ左手の崖を上っていくと尾根上にポイントがあり崖の北側ってここかいとチェック
ポイントが何番だったのかの確認を1〜3番目のチェックを怠ります
後からスタートしたクラブ阿闍梨の人が2番に向かって崖をおりていきました
降りれなくはないが、ずるずる滑る急斜面、枯れ木に阻まれながらそーっと歩いていきます
身の危険を感じて途中で手袋着用
膝下が細かい傷だらけになりつつ谷へ向かい
膝までシダが覆い茂る中を谷を上がります
地図上では方向さえあっていれば尾根に細い道がついてるはずだったのでそこまでの我慢と頑張りましたが
前後誰も見えず、ペースはがた落ちで心が折れそう
点線の道に出たので調子良く道を北に向かうと途中西の薮から先行した人が「きつかった〜」と出てきました
道を見ると回り込んだ方がよさそうだったので回り込みました
途中また人とすれ違い元気が出てきました
CP2は植生境界の西の角
とりあえず回り込んだ道を南に向かいますが、西に折れたと思われる植生の境界部分は道上にないことが判明
地図を見ながら尾根・小山に向かいます
ポイント発見&チェック
下の道(元の道)にクラブの人が見えましたが、死角になっていて見えないのでした
そして元来た道を戻り北東に上がっていくとチェックポイント3、は道上だったので余裕
太い道に出たら東南に折れて下り、下りなので調子良く走ります
CP4までも調子良い下りの走り、CP4は右から来ている尾根からの道と交差する付近
またも地図読みの人たちと遭遇
道をあけさせて、少し先行したところで右側にチェックポイント
ここからそれまで忘れていた番号を確認することに気づきました
うーん大丈夫でしょう・・・(たぶん)
なぜかというと5年以上前に経験したOLだと窪地にたくさんポイントが立ちまくって困った記憶があったのですが、今回は割と素直に見つかっていたせいもあります
まあ根拠はないですが、調子良かったので進みました
CP5までは本当に地図通りに細かい道があり、崖の下、ということで下についているほうの道から見たらチェックポイントがありました
その後CP6までは上って降りて薮こき風なので下の太い道をトラバースして進みます
人工物・・・お墓かと思ったらお堂、CPは下の道から見えづらいようになっておりましたがチェック
その後、CP7はその方向を良く見たらあったのですが薮こき回避&下側の住宅上の細い道をトラバース
崖の上に出てしまい、崖3つ、真ん中の崖の下、が、わからず
薮こきしてきた人たちが行く方向に一緒に進むが、道のつき方から彼らは既にCP7を取り8に向かっていることを確認
もう一度戻って違う角度から崖下を見たらありました!
崖をずるずる滑ってチェック、のぼり返します
CP8は穴。何が穴なんだか正直わかりませんでしたが、コースディレクターふっきーによると穴だったでしょ?とのこと
そしてCP9はトラバースできそうな住宅の上の道が入れないようになっていたので道に降りて走りました
住宅の間の道を入ってCP9、ここも穴。でもどこが穴なんだか・・・とぶちぶち言いながら
最終チェックしました8番くらいからは池さんが一緒でした・・・

今思えばCP1の図番号?が読めていなかったのではないかと
調べてみたら崖の北側っていう意味ではないのかも・・・
崖+北の根本らしい、なんだ北の根本って!てまた思ってしまった
この点については後からじわじわとあまりに悔しいのと
タイムがもっと短縮できそうな気もするのでもったいない気持ちもあるので
近いうちに平常心で走れるくらいになるまで何回かリベンジをしたいと思います
あーあ、この領域には入らないようにしていたのになあ〜
全てはOMMのせいだ(笑)

あ、初代帝王&女王は小川さんと松元さんでした!祝!

[PR]
by yakitori_joel | 2015-01-10 23:18 | クラブ阿闍梨 | Comments(0)