カテゴリ:体力系( 185 )

J子さんと行くシリーズつるつる温泉ゴールの3連戦最終章
だったはずのハセツネトレース土曜日最終(正確には最終ではない)
都民の森行き始発で参りました

とにかく暑く、すぐ心拍上がる
そして履いていた山ガールタイツ、走るとすぐ下がってくる
捲り上げてパンツの中にタイツをイン
最終手段はタイツを脱ぐか、タイツの上にパンツを履くか
難しい選択を迫られながら登ります

登り強いJ子さんはすいすいーっと上がりますが
私はスカートの下にてパンツの中に上からぐいぐいタイツを押し込み、心拍抑えめにを心がけて行きます
でないと、汗で脱水模様のところ、足がつる予感・・・最初からのことですが!
登りはJ子さん、下りで追いつくのを繰り返す
御前山でホットパンツ的J子さんの美脚と記念写真をセクシーポーズ


だっちゅーの(危険ゆえ写真アップなし)

・・・

写真を撮った男性をさんざん笑わしました
いいことをした

御前山にも三角点あった
全く気づかなかった
b0170644_23323633.jpg
先に行かせてもらった御前山から大ダワまでの下りでつまづいた瞬間に左ふくらはぎピキピキ
しかも手当てできる塩だのサプリだのは一切持っていませんで
あわあわと座り込んで、異様に固まったふくらはぎを軽くタッピング
J子さんを待って、マグネシウムのサプリをもらって違和感なくなるまで歩いて下る
御岳までの道でようやく違和感が薄れ走れるように
やはり当日「つる」行為は本当にNGだなあ

大ダワから少し上がったところ鋸山の人たちと交差するあたりで雷の音
急いで(でも登り基調で急げない)御岳山に向かう
つった後回復してJ子さんに追いつきまして
雷鳴が聞こえていても(しかも結構近い)平気で大岳に向かう人たちについて二人でぶーぶー文句を言う
空気もいきなり冷たくなって風が強い=恐怖
本当に雷は怖いし山では逃げ場は少ないのだから、一目散に下山すべしという点で盛り上がる
そして雷鳴中、大岳に向かおうというベテラン風おじさんに「今から行くんですか?これからですか?」と話しかけたら気のせいか鼻で笑われハートブレイク(ちょびっとね)
そして水場でごくごく水を飲み、J子さんと合流したらケーブルカー乗り場までノンストップで走る
我々は雷および記録的短期集中豪雨?から無事逃れてケーブルカーで下山できたのでありました
彼(含む他の人々)はどうしたことやら・・・

★コース備忘録
本番ではまったく身に覚えのない月夜見駐車場までの道(笑)
案外にアップダウンあり、そして思ったよりちょっと長い
駐車場から小河内峠まで、つるつる下りにだまされない。案外走れるので手を抜いてはいけない
御前山まで、木道に入ってからが案外長い
大ダワまで0.9kmからが長い、そして登りも2、3回ある
大岳までの登り、岩場はひとつじゃない。これで終わりと思って少し行くとまだある。
大岳からの下り、流れに乗って注意して下る。走れるところは走れる。
御岳山まで、ロックガーデンへの分岐〜右側にロックガーデンの東屋が見えたらずっと走れる。
でも急がない、消耗しない、手を抜かない。

★この日のタイム 5:46
都民の森〜鞘口峠 0:15
〜駐車場 0:49
〜小河内峠 0:24
〜御前山 0:56
〜大岳山 2:10
〜御岳山ケーブルカー乗り場 1:10

★この日の反省
食べ物(リンリン羊羹2個)も飲み物(1.5L)も塩分やミネラル圧倒的に足りず
電解質の偏り、足のつり=栄養補給に気をつける、日々の食事も
チャリ練でコア芯を作らなくては

★変化
スピード出さないという前提でなテーピングなしで後半2回走ってます
ぐねらないでいられるのは、ぐねってもカバーできる柔軟性を鍛えてくれている栗林コアトレのおかげ

さて、この3回シリーズおつきあい頂いたJ子さんに本当に感謝
今後はどうかというと8月は暑いのでハセツネコースは行かず高山へ(と仕事)
9-10月で低山仕上げ、タイムトライアル(第一関門まで)の予定

[PR]
by yakitori_joel | 2015-08-04 23:36 | 体力系 | Comments(0)

朝から暑すぎる連休最終日、登りのスペシャリストJ子さんと行くハセツネ試走の旅その2は
上川乗〜浅間峠〜三頭山〜鞘口峠〜風張峠〜浅間尾根〜払沢の滝&豆乳ソフトでフィニッシュ予定
でした(笑)

バスは乗っているのが4名、トレラン系は私たち2名のみとスカスカ
ルート上で試走者ひとりも会いませんでした・・・デジャブ?
b0170644_22525622.jpg
最初の浅間峠までもJ子さんにちぎられては投げられ
浅間峠からは登りで離され、下りで追いつきの繰り返しも、徐々に離されて行きます
笹尾根は、ゆるいアップダウンが多いので、ここが根性の見せ所(by J子)
リズムよくちょっぴりペースアップな感じで行かねばなりません
本番ではここまで足を使っているのにどうなるのか・・・

途中大きめのハチに・・・ぶんぶんと繰り返し担当交代しながら何度も何度も追いかけられます
テリトリーに入ってきやがってと、ぶんぶんぐるぐる廻られる・・・
ごめんね〜刺さないで〜〜〜と半泣きで通過するが、すぐに他のハチが・・・
精神的にもタフな道のりです

土俵岳からの眺め、ちょっぴり富士山が見えてます
b0170644_22525079.jpg
三頭への登り手前でJ子さん待っていてくれましたが、長いのでマイペースで登ります
偽ピークに騙され、あと10分の看板に騙され、浅間尾根まで持たないよの水切れ予想警告ランプ点灯
避難小屋でJ子さんと落ちあって、トイレと水場の状況を確認
トイレは混んでいなくてよい感じとのこと(J子さんはスタートからここまでトイレを我慢しながら走る・・・)
そして水場は傾斜がきつく、降りても頼りになる水量と水質が不明瞭なことがわかりました
ここで汲んだら豆乳ソフトまで時間的には全然余裕

しかしここではよほどのことがない限り水を汲みたくない気持ち
とりあえず都民の森まで水を確保しに降りることにしました、まだ間に合うし
三頭山から鞘口峠までの下り案外遠い、きつい、そして徐々に暑くなってきました・・・
鞘口峠から一番近い木材センターで顔を洗う頃には
すっかり豆乳ソフトではなく、そこの売店でソフトクリームを食べる話に・・・
売店で気が変わって私はコーラを堪能、体を拭く暇なく、バスの時間もスムーズに帰宅いたしました
おつきあい頂きありがとうございました&ヘタレでいつもスミマセン

★本日の反省
水1.75Lでは安心できない
避難小屋で寄って来た小型犬にかまわず虫除けスプレーすればよかった(虫さされが腫れている)
すっかり塩出ししてしまい塩分が足りなかった

次回はこちらも8月!暑いのにコース上にいたというだけでもよしとしたい!

★本日の栄養
水1.7Lくらい、リンリン羊羹3個、おむすび1個

★本日の記録 16.6km 5:36 135bpm
スタート 上川乗バス停
浅間峠 0:49
笛吹峠 1:21
西原峠 0:52
三頭山 押し忘れ
鞘口峠 2:18
フィニッシュ 都民の森 0:16

[PR]
by yakitori_joel | 2015-07-21 23:11 | 体力系 | Comments(0)

連休1日目、2日目は勝沼ワイン祭ツアーに毎年行っている山初心者女子たちの目指せ富士山ツアー第二弾
第一弾は5月の丹沢大山でしたが
私以外の皆さんで高尾山に行って城山なめこ汁+かき氷を堪能されたので
正確には第三弾ということになります
グループは頼りない私がリーダー、しっかり者女子がサブリーダーをつとめます
富士山用に山岳保険を勧めたらjROに入った素直な方々と行く雲取山ゴールデンルート!

うちからは遅め出発の電車に乗っていると同じ車両にOMMザックが3名・・・
ただごとではないと思っていたら奥多摩駅でざくざくと知り合いに遭遇
Kegさんが教えてくれていたとおり分水嶺トレイルに参加の方々でした
知り合いが多すぎで勝沼女子達も笑ってました

11時出発ということで私たちはどこで抜かされるのか楽しみにしつつ
バスを降りたらトイレ、地図の読み方をさらっとやって出発
スタート会場を上から見たらこんな感じでしたよ
b0170644_21135864.jpg
駐車場まではウォームアップ、本格山道に入ります
b0170644_21140722.jpg
いつ来るのか後ろにびくびくしながら進むと堂所で最初の選手がやってきました
あとはぼちぼちと、と次々にどこかでみた顔が・・・!
b0170644_21142932.jpg
b0170644_21144406.jpg
b0170644_21144975.jpg
その他の分水嶺Aの方々の写真はこちら(期間限定)
最後と思われる集団が行ってしまい、私たちは分岐から七ツ石小屋へ
案外急な坂を上っていると小屋手前でかわいいお花がお出迎え
b0170644_21150441.jpg
小屋横のベンチでお昼にしました 雨は降っていませんし眺めもまずまず
気温は低めで湿った風が吹いているのでご飯を食べながら1枚ウィンドブレーカーを着てトイレ、出発
皆さん水の補給はしませんでした

尾根に出るつもりがルートミスで巻き道に出てしまいちょっぴり遠回りしました
今回最後尾にいて、ルート見過ごしが3回ほど(たいした感じではなかったけど)
今後いっそう気を引き締めなくては・・・

風強いことが予想される稜線に出る前に装備確認、出発!
b0170644_21151092.jpg
順調に進みます〜あら?こんなにツワブキたくさんでしたっけ???
b0170644_21255767.jpg
途中からは富士山も見えました
b0170644_21252607.jpg
そして飛龍の尾根から風強そうな雲が流れ出ています〜山頂怪しげな雰囲気に違いない
b0170644_21153936.jpg
風強く、耐風姿勢を皆さんに伝授〜皆でダチョウ倶楽部ごっこ、ヤー!ともいう・・・
勝手に偽ピークに2つもまただまされ、雨風ある山頂にたどり着きました
前後したグループ(命名タイガースファンの人たち)は後続1名がなかなか来ず
山頂で長時間待機していたようでブルブル震えてたところの一人に撮ってもらった写真
b0170644_21155032.jpg
眺望は全くないが、うきうきと「原三角測点」も撮影完了
b0170644_21155873.jpg
速攻で山荘までそのまま下ります
風はなくしっとり濡れた木と石に何気ないところで滑って転ぶ女子
ストックに頼り過ぎ、足場まで気がまわらず、重心が後ろにずれていたためと推察されます
あれば便利だしなくても大丈夫なように私も使いこなしたい・・・(人に教えられるレベルではないのだ)
山荘についたら青梅からの分水嶺Bの人たちに遭遇!アラ?どこかで見た顔2名!
b0170644_21160803.jpg
お見送りしまして、スタッフにまだ来ない人たち(ソロ2名、チーム1つは全部知り合い絡み)の動向を聞いたりしつつ、
部屋に入って暖まり、濡れたものを干しつつストレッチをしながらおやつをぱくぱく
そうそう、台風の影響でキャンセルが出ていたのか、食事も1回転、私たちは4人でぜいたくにも個室となりました

あ、雲取山荘は宿泊のお客さんでない限り歓待されません
小屋のものを注文したりすれば、ニコニコしてくれるかな、と思っても
中では暖まったりできなくて、食べる場所は中ではなくて外のベンチだったりします
これはお客さんがいないのにという冬に体験済み(そのときの小屋の人はもう少し優しいマイルドな若い人だったけど)
そういうシステムの小屋と割り切っていれば、文句を言いたくなったり心が折れたりしませんのでご注意を

夕飯は18時から〜昔ながら?こんな感じ。。。ご飯はおかわり可能
b0170644_21405475.jpg
部屋に戻ると歯磨きに出かけた女子から「虹が出てるよ!」とのこと、梅雨明けの虹でした
b0170644_21163401.jpg
雲海もきれい、明日はとっても晴れの(日焼けしそうでちょっと嫌な?)予感
b0170644_21164687.jpg
そして一部の方には面白いものを発見、じろじろ見てたら小屋の人がこのポップと同じことをアピール
話の種になるのか?と思わずひとつ買ってしまいました・・・
モノ的にはステンレス加工も今ひとつ美しくない縞が出ていて、こんなことが書かれていなければ買わなかった
あえての作戦か?(笑)
小屋の人は料理を作るときの調味料を混ぜたりするのにいいんだよと更なる宣伝をし
つられてうちの女子もひとつお買い上げ・・・
b0170644_21404841.jpg
20時前には消灯、5時には朝ご飯です
4:30頃に日の出、手早くお湯をわかしてお茶を飲みながら見ることができました
空気がぬるい朝です・・・
b0170644_21165516.jpg
そういえば小屋のトイレは東京都のものでした
b0170644_21170620.jpg
守りましょう、水源!
ストレッチしたらいざ出発〜気持ちの良いトレイルを歩きます
b0170644_21175850.jpg
あらら、巻こうと思っていた芋の木ドッケに来てしまった
ドッケの意味は?尖った峰だそうですよ
b0170644_21174641.jpg
こういうイタズラはやめてほしい
この看板の前にも「シラビソ」が「シラビン」になっている看板があって
うちの女子達が「シラビン」と覚えそうになるのを必死で否定
シラビソだから!
b0170644_21171600.jpg
途中子鹿が道の向こうからやってきて、いかにも邪魔だよ、とじろじろ見ながらゆっくり私たちを巻いて通過〜写真なし!
3−4時間の連続下りの後の+1.5時間の奥宮は行かない方が良さそうと判断しそのままゴール!皆元気〜♪
b0170644_21173512.jpg
三峯神社は観光地で人がたくさん、そして暑すぎる〜〜〜
お風呂に入ったらコレですよ+ファンタオレンジで夏休みっぽく
b0170644_21555884.jpg
帰りの接続も割とスムーズに、贅沢にレッドアロー号で所沢経由で帰宅しました
今回女子たちの足はほぼコースタイムどおりと、丈夫になってきていることを実感
隠れて階段トレーニングしていたりしたみたい!頑張ってる!私も何かを頑張らねば・・・(汗)
地図読みも瞬く間に向上
ルートファインディングは、経験ありきなのであともう少しです〜


★今回の反省・課題
持ち物:ロールペーパー忘れ、小屋宿泊なので長袖シャツは不要だった(10℃以上あったし)
これをしてくださいというときに、なぜそれが必要なのかを合わせて理由をお伝えするようにすること
いい格好をしないこと、違うと思うことは、理由とともに必ずお伝えすること
楽しいことだけではない山のリスクを知ってもらうこと

次は8月の本番!

[PR]
by yakitori_joel | 2015-07-21 22:32 | 体力系 | Comments(2)

金曜夜はTGG反省会の日
反省会に出たのは超久々でしたがいつものメンバー
人数が多くてテーブルのはじっこだと話が聞こえず
別トークしてしまってごめんなさい

私だけが対応したであろう、前泊者の寝具・カバー類のことを言いました
管理のおじさんに聞いたら「今年最初の利用だからね、カバーは足りないんだよ、寝具は足りないから使わない掛け布団があれば2枚敷いてみて」と言われたら、それ以上のことができなかった
一番最後に入った某夫妻にこちゃさんが自分が敷いていた寝具を提供してくれて代わりに掛け布団を使ってくれたことに感謝
他にもあったのも思い出したので実行委員にさきほどメール
あとは公共施設なのでルールもあり、宿泊者自身がやることの周知をしなくてはだめでしたね
布団はたたんで、シーツはここに出して、荷物は出発前にここに等々ね

そして全て持ち出しでスタッフの私たちは何かをもらうことはなく選手と同じ金額の参加費を払っているのですね
基本自己責任ですよ、ってところをもっと知ってもらう必要があるのかな

来年はエクセスいつもの?もうやらない宣言(笑)
来年はせいごさんと一緒に走る(喜)
来年は梅津さんが笠取班隊長(スミマセン・・・)
来年はTEAM阿闍梨の若い衆が・・・云々

そんなところでしょうか


本日土曜は朝から暑くて変な汗が大量に吹き出すTEAM阿闍梨によるコンパス直進の会
参加し始めてロゲとかオリエンテーリング以外での大量参加者34名を見ました

★メニュー
並木さんのマッスルトレーニング1.5時間
歩測100mブレブレ70歩(1回目外側歩いて79歩、2回目大股で6X歩?でよくわからない)
コンパス直進40本45分
オリエンテーリング的1.9km16地点45分以内

マッスルはともかくコンパス使いなあなあ&すっかり整地適当になっておりましたが
自分自身の鍛錬と来週初心者に私も教えなくてはならないので教えテクを盗みに行ってきました

★役に立つところ
視界不良のとき、障害物あるときなど

★以下繰り返し
地図の現在地から目的地にプレートコンパスのコンパス部の外側にある→を合わせる
地図の磁北線にコンパス部の直線を合わせる
コンパス部の直線と磁石の北側を北に合わせる
決めたら→の方向に進む

★その他基本
現在地は地図に親指で押さえておく
コンパスは地面に対し水平に体の前に持つ
障害物を巻かねばならないときは、見えるのであればその先の目標物を確認しておきルート上に戻る、または横にずれて並行に進む


最後のプチOL中は完全に歩測がなあなあになってましたわ
どこで正しく手を抜けるのか知りたい(全部手抜きすることは可能なので)

そしてコンパス直進の講習は、お腹いっぱいなので卒業宣言
講習ではなく秋冬で実地に参ります
内容はおすすめなので他の方々にもっと参加してほしい〜地図を使うの楽しいし、その価値はあります

[PR]
by yakitori_joel | 2015-07-11 23:40 | 体力系 | Comments(0)

本日はダブルヘッダー
ミニロゲ後、お風呂とアフターにどこまで行けるのか非常に微妙なタイム設定

午前の部:日暮しの里ミニロゲ
カルガモおとーさんにお誘い頂いた谷根千界隈のミニロゲ2時間
天候は雨から回復傾向、カッパ着るも暑くて2カ所目CPに行くときに脱ぐ
スタート時はF氏と同じく個人行動をしようと何となく思っていたけれど
選択CPとまわり方が同じだった一定速度の走りのプロ達K−Hコンビと前後
コンビが手堅く進むところ、途中選択する道を1本間違えたりしておりましたが
繊維街を抜け、谷中に入る前グルメポイント「羽二重団子」本店で3人でお茶するなど
すっかりコンビの中に入ってしまって無理矢理トリオにしてしまった私でした
b0170644_22411393.jpg
このお茶とお団子がなければ、手元に水と食料がなかった私は自販機かコンビニ休憩を二人に要請していたでしょう
またはそっと一人で消えるか・・・(どろん!)

そして亀の子束子のオシャレ店もCPになっていたので、お店に入りお買い上げ
たわしじゃなくてスポンジ、パッケージのAg+がそそります
b0170644_22412017.jpg
終了したら、やはり余裕時間はないと判断し、
汗だくのまま電車に乗って帰宅(日曜の日中の車内には人が少なかった、助かりました)
お風呂、着替えてお化粧などばたばたし

午後:結婚おめでとうの集い in 横浜
幸せオーラ全開ご夫婦のお祝いの宴に参りました
迷って徒歩6分のところ20分かかりました、都会・人ごみ・バーゲンのタイミングの横浜
b0170644_22452905.jpg
海外レースを制するようなそうそうたる顔ぶれの中に見慣れた人たちチラホラで安心
友人達による温かい進行はすばらしく、ゲームの内容も勉強になりました
そして全員がアスリート集団なので(若くなくても)ご飯はあっという間になくなったため
帰りにやすこと改めてご飯を食べ、楽しいという噂のOWSにいつか参加することに決めました
まずはプールで20分泳ぎ続ける鍛錬から

[PR]
by yakitori_joel | 2015-07-05 22:55 | 体力系 | Comments(0)

b0170644_21462082.jpg
全くもってこの時期毎年のパターンになりつつありますが
今年はクリック戦争に負けてしまったJ子さんとハセツネCP1まで行ってきました

なんと梅雨のせいなのか、大会が重なっている週末のせいなのか
試走者に全く会わないという珍しいパターン
登山者はルート上浅間峠までに3人、浅間峠に5−6人いらっしゃいました
天気は最後に雨がぱらついたくらいで涼しかった
そういえば浅間峠から上川乗までの道は木段の整備箇所が増えてさらにきれいになっていました

追い込んでもいないし今はタイム設定できる時期じゃないので
今日の目標はバスの時間に下界にたどり着くこと(12時台か13時台)

J子さんのすいすい〜っと行く登り強さは健在
登りはあの両足が欲しいと思いました
やはりインパクトがあるのは体重の軽量化か・・・

本日は体が動かないわたくし、登りどころか平地と下りですらヨレヨレ
先週の草津の疲労が残っているのか、早々に貧血&力思うように入らず
少しは体が動くようになってきたと思ったのにマボロシだったのかと打ちのめされます
先が思いやられますが、まあ焦っても仕方ないので
来週は目先を変え、冷房&扇風機かけてのローラー台かスイムに手を伸ばすことにいたします

★本日の気づき
体調がいまいちでヘタレていても、長丁場だと復活可能と信じて我慢大事
峰見通り長い、嫌になる
市道山分岐までも長い
ご飯食べなさすぎ
水の量はぎりぎりすぎ
軍足刀神社までの登り、昼間見ると短い
浅間峠までの表示が出てきてからのアップダウンが体&心理的に辛い

★本日の栄養
リンリン羊羹4個とペットボトル2本

★本日の記録 21.7km 6:19 137bpm
1:39 入山峠
3:13 市道山分岐
4:10 醍醐丸
5:58 浅間峠
6:19 下の駐車場

次回は20日の予定、上川乗〜浅間尾根〜最後に払沢の滝を見て豆乳ソフトかな?

[PR]
by yakitori_joel | 2015-07-04 22:19 | 体力系 | Comments(0)

2015 TGG 笠取班出動

b0170644_22450770.jpg
今年もスタッフィーでした大人の鬼ごっこTGG、長い2日間
大けがする人はおらず無事終了

出発時刻がレベルにあっていない人が結構いたので
笠取班やゴールへの動きも必然的に早めなくてはならず
いつもの笠取小屋までののぼるペースでは無理とペースアップしたせいごさん
しかし最初の選手が早々に来てしまったのでこれが大正解でした
その後も色々あったり、そうでもなかったりしつつで終了

今回嬉しかったのは、ハリマネさんにすぱっと退路?を断ってもらったこと
スタッフも楽しいけど、ずっと横目で楽しい鬼ごっこを指をくわえて見ておりました
自分の実力は棚にあげて、今まで悶々としていましたが!!!
レベルアップの1年を楽しめるって素敵!

皆様よろしくお願いします
b0170644_22453552.jpg
来年この場所に向かって!イエス、高須クリニック!
この場所はスタートで本当はゴールじゃないのね(悪天候のときのみと聞いています)

[PR]
by yakitori_joel | 2015-06-30 23:00 | 体力系 | Comments(0)

走れると噂のスパトレイルの短い方にリンリンとメパンナさんと行ってきました
草津よいとこ♪
b0170644_21482838.jpg
b0170644_21483542.jpg
舞茸うどんの店(混んでいない)に連れて行ってもらったら、ヤマケイ一族のOさん達が隣のテーブル

ゆもみちゃん♪
b0170644_21571596.jpg
そして草津の受付会場はこれだけ、出店などは一切なし
72k四万温泉のほうにほぼ人が行ってしまったのでしょうね
この裏手のスキー場に人が数名見えてたのが大ちゃんの講習だったみたい
b0170644_21481202.jpg
今夜の宿へ!そしてお風呂へ!そしてご飯へ!もう入りませんという位にたくさん食べました

朝はゴール地点からバスに乗るため集合地点に向かうと
すぐそこを熊がのそのそと登場
ご飯を食べながらバス待ちをしている人たちと目を丸くして見ていたら
車が来て熊がおどおどと来た方に戻って行った直後、歩く人や走る人は全く気づかずその場所を通過しまくり
あとでリンリンと大ちゃんの会話を聞くと、熊はその辺にフツーにいるからねえ、だって
今日のその辺は約30mでした(笑)

熊も肝心のトレイルでの写真も、スマホを後ろのポッケに入れたので一切ありません
転んだけど怪我はなく、ちゃんとゴールできました
b0170644_21485351.jpg
体調は完全に下痢モード+貧血
建物内にいたけど冷える湖畔の待ち時間が長かったり
心拍数が湖畔で186をマークし続け辛かったり(この日の目標は160)
最初のエイドでタンクさんに声をかけてもらったり
お腹がつらいので最初全く固形物が食べられなくて辛かったり
途中で遭遇したライオンさんはお疲れモードか?と思われたり
エイドはK様大会らしくとっても充実だったり
後半の階段天国のダメージと最後の上り基調ゴールはしびれまくりだったり
ほぼリンリンと同じペースだったり
最後のエイドで一緒にトイレに行ったリンリンは待っていたら実は先に行っていた、ガーンとか
代わりにしゃべりながら走った女子の友達とゴール後にお話したら、みかちゃんと一緒のチームでほえるロゲに出てた話で、ありがとうとか
出会いもあり旅的な思い出もできて38kの割には盛りだくさん

リンリンはゴールでお出迎え、ゴールには真由美ちゃんと彼もいた!
b0170644_21484003.jpg
ありがたいゴール写真は72kの真由美ちゃんが撮ってくれたもの
真由美ちゃんは72kだったので、ふだん追いつけない私が前後できたけど、
階段天国終わったエイドからの盛り返しがキレキレ半端なく結局追いつけなかった
友達と前後できると本当に楽しいね

そうこうしているうちにメパンナさんもゴール
話だけ聞くと上りはめちゃめちゃ強くなっている

走れるレースだった分、下痢のせいもあって内臓ダメージが大きいのであります
早く回復してまた週末遊びにいきましょう、そうしましょう

地元の方々、スタッフ、相見えた選手の方々ありがとうございました!
半分でもお腹いっぱいで楽しかったです!

★消費した持参品
リンリン羊羹3個、黒糖と塩のスポーツミネラル3袋、ユンケル粉末1袋、ハイドレ水(1L)
あとはエイドのものだけ。個人的にはかりんとう(ドーナッツ糖蜜がけ)がおいしかった!
舞茸汁は飲めず、おそば、私設エイドのお豆腐もちょいちょい食べて、豚汁は間違いない美味しさ!

[PR]
by yakitori_joel | 2015-06-30 22:31 | 体力系 | Comments(0)

0次関門突破しました

b0170644_10323033.jpg
昨年は足首回復間に合わなかったためDNS、急遽かおちゃんと隊長?の応援部隊に参加させて頂きました(写真:大ダワで誘導、合間のスターウォーズごっこ)
さきほど無事に参加クリックできましたので今年後半の目標

第23回日本山岳耐久レース(24時間以内)〜「長谷川恒男CUP」71.5km 女子 18歳以上 15,772 円

そうか参加費は(手数料込)1.6万円だったと改めて気づく今頃であります

10月末までの目標とタスクは以下に決定

1. No more 怪我
2. 練習量・栄養確保
3. モチベーション維持

完走、あわよくば来年TGG出走できますよう頑張る!(TGG、実はまだあきらめていない)

[PR]
by yakitori_joel | 2015-06-01 10:35 | 体力系 | Comments(0)

筑波山ハイク

b0170644_971517.jpg

ガマ石の口に石を投げてます

女子力やら仕事力高い英会話な友人たちと筑波山ハイク
自転車ではかつて何回か行ったことありましたがハイキングコースはお初
コースは岩岩していて手を使う部分も結構あり
神社から白雲橋コース、女体山と男体山のピークを制しました
コースは危なくはないですが、石が濡れていたり普段山に行かない人やタウンシューズだときついかな
高尾山の方が岩岩はあまりないかも
人がたくさんいるコースゆえトレイルランナーには会わず

たくさんある茶屋のひとつでつくばうどん食べ、ガマの油売りを冷やかし、ソフトクリーム食べ、ケーブルカーで降りて帰りました

実働1.5時間
出より入が多い1日でした
[PR]
by yakitori_joel | 2015-05-25 08:56 | 体力系 | Comments(0)