りかちゃんと行く! 2015 南アルプス縦走 DAY3 熊の平小屋〜三伏峠小屋

3日目 熊の平
朝ご飯は軽め&撤収スムーズに夜明け前に早く出立することができました
2つある岩峰あたりで夜明けます
天気よすぎる!
b0170644_00182606.jpg
よく見ると下に落ちている葉っぱは霜がついてます・・・寒かったのね
b0170644_00300637.jpg
塩見岳どんどん近くなってきます、かっこいい!
北荒川岳も眺望よし!三角点でりかちゃん萌えてました
b0170644_00300750.jpg
docomoはいるのでりかFBどしどしとアップデートされます
塩見に入るトラバースの道入口、気持ちがよくてテントはりたくなるポイント(でも禁止)
b0170644_00300726.jpg
ところで、今日の私のコースタイムに対してキモな部分は3地点
1. 東海フォレストの看板ある地点からの登り(前回は下りで尻セード状態)
2. 北俣岳、塩見岳方向に100mほどの地点の岩場トラバース15mくらい(前回ここで印を読み違え足跡に釣られて降りてしまい戻るのにとても時間がかかった)
3. 西峰から塩見小屋までの岩場乗り越えるポイント(登りはまだいいが下りはどうか)

さあ、スタート!
b0170644_00182678.jpg
ああっ!!!キレてるキレてる!
b0170644_00182641.jpg
結果・・・
1. 手をつきながら、植生があるところは植生に手を伸ばしながら立てずにはいつくばりながら進む(たぶんあまりタイム落ちてない)
2. 逆からのアプローチなので迷いはしないが高所恐怖症勃発(区間が短かったのでそんなに時間取ってない、はず)
3. 塩見小屋までの下りは岩場が怖いのかと思いきや、乾燥してズルズルな細かいザレ場が恐怖、でもハイマツが出てくればひょひょいのひょいなのであった

塩見岳東峰到着!360°眺望!
西峰&カッコいいりか写真
b0170644_00182687.jpg
「ヤマメシ」FBコミュの人が、オシャレな手作りサンドを食べていた
写真を撮ったり、撮ってもらったり、オシャレなチョコチップマフィンと粉末コーヒー全種類と交換したり
b0170644_00300777.jpg
登りで神経を使ったりかちゃんと私
ここでお湯をわかしてゆっくりお茶&行動食したかったが、
三伏からの人々が西峰も東峰も人がとても多かったため先に急ぐことにしました

移動した西峰では三角点とりかちゃん
b0170644_00300765.jpg
あれ〜?なんだコレの三角点がその近くにあった
b0170644_00182671.jpg
気になる人はググってみるとよろしいかと
地図の作成=軍事目的ちらほら見えたり、天皇万歳だったり、歴史ですね

下りの岩場は三点支持でなんとかなりますが、岩場じゃないところは乾燥ザレザレ、ズルズルかよと思いながら進みます
(トレランの人たちが、キャッキャと降りて行くのを見て、世の中どうなってるんだ!と内心毒づいていたわけですよ)
この写真のところはもうほぼ安全地帯で一安心
b0170644_00182696.jpg
塩見小屋上のハイマツが開けたところでお湯を沸かしてお茶を飲みました
一安心!ここまでくればだいじょーぶ!てか暑いですよ、じりじり日に焼ける〜〜〜

先を見ると後は飽きそうな道が続く
特に本谷山は眺望がない午後に通過したので良い思い出はなし
早く終わらせたいので早く進もうとしましたが下りが終わって登りに入ったら足はそんなに急に動きません
元のペースに戻り淡々と進みます

前後した、とても大きい荷物を持った女性2人組が三伏峠小屋下の水場への道を聞いてきました
私はテント場方向しか気にしていなかったので全く分岐に気づかず、
りかちゃんは分岐はあったが行っちゃいけない雰囲気だったということでお伝えしました
その水場はあの熊よけラジオがかかっている水場・・・
手持ちの2010年の地図だと破線ルートになっています
彼女達はGPSに地図を仕込んでいるものの、地図を持っていないので新しい地図(=2000年以降)を見たいとのこと
りかちゃんが確実な国土地理院の地図を見せます(が水場が書いてあるわけはなかった)
とりあえず体験的にはテント場から行っても往復20分くらいじゃないかと
小屋に行って聞けばいいんじゃないかとそんな話も申し伝えてみましたが
少しでも最短ルートで水も持って帰りたい彼女達にはそんな答えは求められていなかった
しかし、なんだかんだと結局テント場まで一緒に行きましたが・・・

こういう確たることがわからないときには、相手の調べが足りていないのが悪いのだから
何も言ってはいけないのだと悟りました〜今後注意しよう・・・

小屋でテント場の受付、ビール購入、場所を確保したら
りかちゃんがテントを張ってる間に、1枚上着を着た食料班長は水汲みに行くことにしました
道の途中で水汲みたい男性1名をひろい、一緒にクマっぷ的水場にGO
行きは下り、帰りは登りの道
水場の熊よけラジオは前回来た夏場より遠慮がちに流れていました
水は変わらずじゃばじゃば出てます〜お先に味見、美味美味
汲んで道を戻って登り上がると案外重たい水をコンビニ袋に入れてプラプラしてたらバランスを取られてすっころぶ
こんなところで!(汗)と膝をパンパンしていると、男性もう1名に続いて例の女性2人組が水汲みに来ました

りかちゃんはすっかりりかグッズを設置したテントで待っててくれたのですが、
先に着替えてもらって、私は柿ピー&ビールタイム
明日は駐車場まで下るだけの安心感で寝袋に入ってまったりと過ごします
日の入りを迎え、夜のペミカンカレーを作成、ペミカンに水入れて沸騰させたところ、火から下ろしてカレールー入れる
b0170644_00300704.jpg
自画自賛!激うますぎる!
りかちゃんも胃が痛いのに頑張って食べるが、そもそも作成量が多すぎでした、ごめんなさい〜〜
ギブアップ、傷心のふたり(反省)
カレーはコンビニ袋に厳重密封してテントの端っこに起き、私が明日食べることにします
小屋の明かりが明るいのが気になったり、ウトウトするもこの旅で一番寝付きが悪く
あごを枕にのせてみたりゴロゴロとトドのように回転を繰り返す夜

参考)行程3日目 熊の平小屋〜三伏峠小屋 10:20
ほぼコースタイムどおり!Yes!

続く!





[PR]
by yakitori_joel | 2015-10-06 00:37 | 体力系 | Comments(0)