実録DNF:東京→糸魚川ファストラン(前篇)

以下、ワタクシの独断と偏見および客観的事実に基づいて記載いたす感じ

事件の前触れ@ヤエスは18日(月)から始まった。





18日、仮歯4本を入れてみたワタクシ
イコール、奥歯に力を入れてはいけません
この仮歯が曲者で1週間の間に2回もとれる有様
今週はほとんど流動食と酒で生きていたみました
肉はほとんど食べず、野菜も噛み切れず、ほとんど柔らかい炭水化物
ご飯はかめないので、すべてオロ飲み状態
連日、カーボパーティ状態(祭)でちょうどいいのかは不明

(以降残業しまくりながら、隙間時間で糸魚川までの予想タイムラインを作成)

21日@カスミガセキ15:00~
超重要ミッチョン成功

21日@ニシシンバシ(シオドメ)
ミッチョン準備のため連日の早朝(7:00)~ほどほど夜勤務に20:00に限界
21日オープンした店にもらったビール無料券を持参、いつも一緒に飲んでくれる彼女と入る
(蕎麦屋の立ち飲みでビールとワイン1本を2人で)
夜寝ていてふくらはぎがツってしまう笑える事態に

22日@ニシシンバシ(シオドメ)
この日、糸魚川のために16:00に帰宅する予定であったワタクシ
前日に超重要ミッチョンを遂行し、
やったるぜ姿勢を見せるため21日16:00にお客にブツ納品をせねばならないワタクシ
ねこばばに時間通りにいけない連絡を入れ、
色々な人に協力を得たり、色々な人に妨害された結果
納品はタクシーに飛び乗り18:15
お客に謝りまくり、そしてタクシーで会社に戻る

22日@有楽町18:55
b0170644_20485853.jpg

21日に購入できなかった糸魚川対策のライト等を買いにビックカメラ有楽町店別館に向かう
ライトだけだったはずなのに、頭が働いていないのでいろんなブツを購入
急いでいるのに思わず30分くらいいて、2万円も使ってしまう自分が怖い
★購入したもの
メットが入るドーターのザック(頭に突き刺さらない、ほしいサイズのものが安くなっていた)
キャットアイのちっこいライト
アンダーウェア
サドルバック
ボトル

22日@国分寺~22:00
日高屋で夜ごはん(作る気力はない)&帰宅
不在時のほえる餌対策&風呂&準備&輪行パックを2時間以内で完了

22日@高尾きくや22:50
コンビニ買い物、明日出るだけにして自転車はきくやの1F喫茶店に放り込む
b0170644_20492563.jpg

どうやら宿は糸魚川関係者で貸し切りの模様
到着後、サポートのぴろこさんだけが起きて待っていてくれた
しかしお話したり、暑すぎたりして

とうとう一睡もできず

23日

@きくや02:00
masako様からモーニングメール
何回か抵抗を試みるが起きて準備
相変わらずねこばば軍団は元気だ・・・
歯がたたないので朝からウィダーイン2個

3:00
高尾山口受付に移動
20号は夜中だというのに自転車野郎が通過しまくり
まだみんな暴走族ではないが、
自転車の通過の数は自家用車と同じくらい

尋常ではない雰囲気が漂う・・・

3:10
同時刻(3:40)スタートのmasako様に連れられて受付&荷物預け
b0170644_2050251.jpg

10名くらいずつの集団で5~10分置きにスタート
夜中にジャージとレーパンの集団、ありえない景色が展開される
b0170644_2050068.jpg

気温は高く、ウィンドブレーカーなし、半そでレーパンのみ
まだ夜明け前なのでリフレクター2個と前につけるライト1個を装着
masako様にもらったパンを少しかじってみる
人が多すぎて知り合いはねこばばonly
この時間に出るのは自己申告タイムが遅めの人たち
以降5時~6時まで人が波状スタートしていくシステムなのだ

3:40
スタート
集団について大垂水峠へ
masako様はもちろん集団2~3番手の好位置をキープ
しかし私は頂上まで前につききれず、5分後出発の集団に飲み込まれる
下りは前のホイールに装着したスピードセンサーがガンガンあたる
ふっとぶのは怖いが後ろから来る自転車野郎のためにも

「まずは自分がアタックだろう」

シャチ号はワタクシの重量効果もあって下りでは誰にも抜かれない

しかし下りきると後ろからガンガン容赦なく抜いていく
後ろから来るのは間違いなく100%ワタクシより早く百戦錬磨のツワモノたち
気にしないでマイペースでかつスピードは一定以上落とさぬよう進む

5:00前
2人の男性を従えた(後ろにひっつかれている状態うち1名はU-no関係者)あすぺんU-no様にブチ抜かれる
後ろにつけるか確認されたが、スピードが違いすぎてつききれないですわん~(涙)
U-no様は私の10分後スタートしたのでこの時点でねこばばに1名抜かれたことに

6:10前後
CP1に向かう笹子峠、まさかここで会えるとは思わなかった、
おってぃもNagamatsu嬢(昨年度ハセツネ完走)に声をかけられる
おってぃもは10名の大集団、N嬢は先頭をひいて峠に向かう
あ~~~~みんな元気だね
集団はいいなーちくしょう~と思いながらよっこいせとペダルを踏み踏み
しばらく後ろにつくが、ちぎれた人をパスできず自分もチギれる

6:40前後
もうダラダラと耐えて登るしかない
笹子峠最後付近の直線でアッキーさんに抜かれる
もうCPが近いのでCPで会おうと約束
アッキーさんは4:20発

「キター!」

アッキーさんは地元クラブランにもレースにも現役なので

ぷりぷりと軽快に峠を登る

しかし彼女にここで抜かれるのは「想定内」

そして自主的に作成したタイムラインも「想定内」だし問題ナス

・・・と思っていたのは自分だけ(だったかも?)

6:45 笹子峠トンネル前CP1到着
b0170644_20511291.jpg

バナナ1.5本補給~


と、ここで昨年新酒ワイン祭りで出会ったいんなーろうの男女2人組に会う
と1名はサポートで1名はけがでリタイヤしてしまった模様

しかしスタート時間を言うと

えっ、、、、と絶句されてしまった
まだCP1だしなあと思いながら、うっかり7:00過ぎてしまったので
気にせずささっとトンネルに向かう

7:10
勝沼~甲府
トンネルはみんないたから怖くなかった~よかった~
秋は本当に怖かった
下りはいい感じで下ったがさらにキレのよい男性3名に抜かれる

バイパス入ると前にいたアッキーさんはいい感じの集団に入ってアクセル全開

つけずに次の集団を待っていると、みのりの2名が信号待ちの度に気にかけてくれて
いい感じに一定後ろにつくことができた・・・

が、、、甲府の市内の道路工事段差がお尻をいい感じに突き刺す

私のポケットはすでに満載状態で荷物がいつ飛び出るかキケンな感じ

メゲメゲで涙目に

7:40前後
信号待ちでウゴーのおっちゃんに後ろにつかれる
「先行ってください」と譲ると、「後ろみて」と言われ振り返ると

そこにはさっちゃんが(喜)!


(書き疲れたのでまた次回に続く、そのうち写真たすかも)
[PR]
Commented by アル at 2009-05-26 09:08 x
私の職場になっなんと!今年の糸魚川ファストランに出た人がいました。
昨日糸魚川のお土産貰って初めて知りました。
意外と世間は狭いようです。
4月に異動してきたばかりの部署なんでまだよく知らない人なんですが
今後はもうちょっとお話してみようと思います。
Commented by yakitori_joel at 2009-05-26 20:35
>アルさん
こんばんわ!
糸魚川に出る人が身近にいるなんて本当に不思議ですよね
ロード界では一風変わったメジャーなイベントです・・
今年は400-500人くらいが出走していました
by yakitori_joel | 2009-05-24 22:17 | ねこばば系 | Comments(2)